福岡で浮気調査、ストーカー対策、素行調査、結婚調査、行方調査など各種調査は探偵事務所・興信所はつばめ探偵社へお任せください。

TEL0838-22-8621
ここまで

探偵 福岡 浮気調査:糟屋郡篠栗町、某所での疑問

ここでクリア

こんにちは、つばめ探偵社代表の舩越です。

 

今日は忙しい一日でした。

今、やっと事務所に戻ってきたのですが、日中にふと疑問に思う些細なことが

ありましたので、書いてみようと思います。

 

某所での打ち合わせのあと、自分を含めた調査員計3名は

ちょっと軽く食事をしてから移動しようという話になりまして

篠栗町のファミレスに入ってみました。

 

自分は喫煙者ですので、店内全面禁煙になってからはファミレスにも

足が遠のいてしまい、そのチェーンに行くのも1年ぶりか、1年半ぶりくらいです。

 

とりあえず吸いたくなったら外で吸えばいいやと思い、入店。

そして食事です。

食事は美味しくいただきました。

そして、食後は一服です。

店員さんに聞くと、「外に喫煙室がある」という話でしたので

行ってみました。

確かに喫煙室という表記がなされています。

とりあえず部屋なんだなと思いながら進みますと・・・・・・

「え?これ、喫煙室じゃなくて、喫煙所だ」と思った次第なのです。

「室」というのは、当然「部屋」を示す言葉ですので

区切られた室内箇所が存在する場所になるはずです。

仮にここにプレハブ小屋があったら、「室」は成り立つと思います。

暑くて入りませんが(^-^;

 

仮の話は置いておきましょう。

ここでは、「とりあえず区切りは設けられている以上、(室)で正しいのだろうか?」

「いや、絶対に違うよなあ」等と考えていました(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に、これは、絶対に「喫煙所」という表記にすべきだという妙なこだわりを

感じた次第です。

年に一回ファミレスには来るか来ないかという程度の自分ですし、別に店員さんに何も言いません。

つまり、結果的にはどうでもいいことなのですが、日本語として「室」を使うのは絶対におかしいなと

思えてしまいました。

もし、この場合でも「室」が使用可能ということであれば、教えていただきたいと思っているのは

確かなところです。

 

探偵業務の報告書でも、妙なこだわりで文言を選択しますが

時には意図的な逸脱からの強調という手法を使う場合もあります。

同じ写真、同じ推移でも写真選定と表現の巧拙で全く違ってくるのが報告書ですので

結構、気を遣います。

 

私的なことを書きますと、妹は書くことを仕事にしていますので、表現というものについては

兄妹で話したことも何度かあります。

ただ、妹はずっと米国にいましたので、途中から英語での会話になってしまいます。

つまり、無意味な日本語論にはなるのですが(笑)

 

では、仕事に戻りますね。

ここでクリア

カレンダー

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

プロフィール

name

総合探偵事務所つばめ探偵社

Category

相談・調査

PR

福岡の優良探偵・安心の浮気調査をお探しなら、総合探偵事務所つばめ探偵社へ

URL

https://www.tsubame-office.com

ここでクリア