福岡で浮気調査、ストーカー対策、素行調査、結婚調査、行方調査など各種調査は探偵事務所・興信所はつばめ探偵社へお任せください。

TEL0838-22-8621
ここまで

浮気調査 福岡 調査手法等

ここでクリア

こんにちは、つばめ探偵社代表の舩越です。

 

昨日、浮気調査の結果報告における大きな問題として、消費者センターさんのHPからの内容を

書きました。

 

このような問題に対しての注意事項として少し述べておきます。

 

まず、「裁判につかえる」という言葉での誘引ですが

これは第一段階としてはおかしいと思います。

その理由は、完璧な証拠集を得たならば、相手方が裁判で挑んでくるはずもないからです。

ほぼ100%のケースで請求の受諾で終わります。

(減額相談はありますが・・・・)

中には確かに訴訟へと進んだケースもありますが、レアケースです。

仮にそう進んだとしましても、証拠を得ていますので

依頼者さん側におきましては、負けるはずもなかったということにもなりますけどね。

相手方さんも勝てない訴訟で挑んでくるなど、本当に少ないです。

 

ただ、ここでとりあえず訴訟前提での話をさせていただくならば、浮気調査における不貞証拠については

肉体関係の常習性を証明する必要が生じます。

前回の内容にありましたが、3回の浮気調査で常習性まで証明可能となる確率は

相当に低いのではないかとも思えます。

 

そして、不貞をする連中の接触箇所が仮に相手方居所(マンション)であった場合

そこはホテルではないですから、長時間滞在、宿泊の証明回数も多くなってしまいます。

滞在証明もされているかどうか不明ですが、そういう会社ならやっていないでしょうね。

そこから考えても「3回やりましょう。それで大丈夫です」と誘ったのであれば

完全に悪意を感じてしまいます。

調査会社であれば、その辺のことは最初からわかっていて当たり前です。

 

尚、当該接触箇所の号室特定、氏名特定については

うちでは同日に実施しないことが多いですね。

調査日に行うなど怖くてできないことが多いです。

まず証拠を完全に固めてから、その手の動きをとることがほとんどです。

 

手法は色々あります。

但し、そこは違法にならない手法、つまり「工夫」が必要になります。

 

どうしても出せないというケースも確かにわずかに存在します。

そういう時は、うちの女性陣は直接アタックという形をとっています。

今年は無いですが、昨年1回ありましたね。

 

 

とにもかくにも、真面目にやってくれそうか、いい加減になってしまいそうか・・・・

そこは面談時に調査担当者も同席し、詳細打ち合わせができること

さらには報告形態、動画の存在なども全て確認されてから契約されることを

お勧めします。

 

07

 

 

ここでクリア

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

プロフィール

name

総合探偵事務所つばめ探偵社

Category

相談・調査

PR

福岡の優良探偵・安心の浮気調査をお探しなら、総合探偵事務所つばめ探偵社へ

URL

https://www.tsubame-office.com

ここでクリア